高齢者歯科

当院では健康状態が優れないご高齢の患者様にも安心してご来院いただけるよう、スタッフ一同体制を整えております。

病気を抱えている方の治療

高血圧、心筋梗塞、狭心症、心不全など既往歴のある場合は診療中に突発事故になることもあります。

当院では口腔内(お口の中)以外の病気をかかえられた方、現在薬を服用されている方に適切な歯科治療を行います。

お体の調子が優れなく、なかなか歯科医院で治療が行えない方でもご連絡下さい。

 

「歯って本当に大事ですよね!」
健康な歯を失われた患者さんが必ず口にする言葉です。
当院では歯を失われた方に対して、以下の3つの方法を用いて、失った歯を補っております。

1. 入れ歯
2. ブリッジ
3. インプラント

それではそれぞれどのようなメリット、またはデメリットがあるか見てゆきましょう。

メリット デメリット

入れ歯

メリット デメリット

保険が適用されるので、非常に安く、
手軽に短期間で作ることができる。

口の中に違和感を感じることが多い。
また取り外し式なので、キレイにするために毎日、手入れをしなくてはならなく手間がかかる。 
総入れ歯に近づくにつれて、食べ物がはさまる。
痛いなどの理由により、咬むという重要な行為をすること自体が難しくなる場合がある。
入れ歯を支える歯に強く負担がかかる。

ブリッジ

メリット デメリット

ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間がかからない。
しっかりと両隣の歯に固定されているために、モノを食べる際にも、違和感なく、美味しく食べることができる。

両隣の歯で支えますので、一番奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなく、ブリッジが出来ない事もある。
両隣の歯で支えますので、支えている歯に負担がかかってきます。

インプラント

メリット デメリット

入れ歯やブリッジの様なデメリットがなく、自分の歯の様な感覚が取り戻せる。

保険適応外の治療になるため、料金が入れ歯やブリッジに比べて高い。


上記の三種類の治療の中でも、インプラント治療は最先端の歯科医療になります。

インプラントとは、英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。
人工歯根とも呼ばれ、これまでのブリッジや入れ歯治療とは違い自分の歯をもう一度復元できる最先端の歯科治療法です。

丈夫なインプラント(人工歯根)であれば、天然歯の歯根と同様に機能します。
また歯冠(人工歯根の上に被せる歯)の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

健康な自然歯に近い感覚で生活を営め、お食事も以前の様に楽しめるようになったと、当院で欠損治療(歯を失った方に対する治療)を行われた方でもほとんどの方がご満足されています。
しかし、どんな方でもインプラント治療が出来るわけではありません。
お口の状態によっては、インプラント治療が出来ないケースもございますので、まずはお気軽にご相談下さい。

インプラント治療の料金

一本 19万円〜
義歯用マグネット型インプラント 15万円〜
     

前歯の【かぶせもの】の料金

         
ジルコニア 10万円〜
オールセラミック 9万円〜
メタルセラミック 7万円〜
メタルハイブリッドセラミックス 5万円〜
プラスティック前装冠 保険適用

義歯の料金

全部床義歯 金属片顎 20万円〜
薄型強化プラスティック(イボカップ) 10万円〜
部分床義歯 金属 10万円〜
ノンスクラプ義歯(金属バネがないタイプ) 4万円〜

※料金は症状によって異なりますので、詳細はクリニックにて直接お問合せ下さい。