予防歯科

『予防歯科』ってなんだろう

みなさんは、なぜむし歯が出来るのか、どうして歯周病になるのか、色々なところで話を聞いたことがあるかもしれません。

私たちときわ歯科のスタッフは、みなさんがいつまでも健康で笑顔あふれる生活を送っていただけるようサポートをしたいと考えております。

突然ですが、あなたはむし歯を削って治療してもらったことはありますか?

痛くなった歯を治療することは、誰にとっても嫌な経験で出来ることなら、もう二度と体験したくないと思います。

治療をして機能が回復することはありますが、むし歯になる前の状態にもどることはないのです。
そして、みなさんも経験があると思いますが、一度削って治療した歯はまたむし歯になりやすいのです。

ですから、悪くなったら歯を削って治療をするのではなく、お口の中をできるだけ清潔に保ち、維持しておくことが大事です。

以前は「早期発見、早期治療」で、小さいむし歯を見つけたら、早めに削って治療することが行われていました。
しかし、ときわ歯科では、初期のむし歯は削らずに、本来の自分の歯を極力残す治療を心掛けております。 

むし歯の進行度合いは人によって異なりますので、ときわ歯科では、初期の小さいむし歯は、削らずに定期的に経過を見ていきます。
きちんと歯みがき(ブラッシング)をすること、予防処置やフッ素の使用、そして定期健診に通うことが有効です。

それにより初期のむし歯はそれ以上進行せず、また直ってしまうことさえあるのです。
しかし、残念ながら一度むし歯で悪くなった歯は、どんな治療をしてもけっして元通りになることはありません。

そしてもし進行することがあれば、そのとき治療をすればいいのです。
そのためには、定期的な健診が大事になってきます。

私たちときわ歯科は、あなたの歯をできるだけ削らなくてもいい状態にしておきたいと思います。

ときわ歯科での予防の取り組み

では、当院でどのように皆さまに予防処置をしているか、お伝えしましょう。

@定期的な口腔内のチェック

みなさまの状態によって、1ヶ月〜4ヶ月ごとにお口の中を診査します。
むし歯、歯周病のチェックを行い、前回と比較します。
期間は、その方の症状や状態をみて考えて行きます。

A歯石や歯垢を取り除きます

従来の歯石歯垢をとるスケーリングのみならず、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という方法で、
歯の表面から、細菌の付いたプラークをはがし取ります。

B歯をコーティングする

きれいになった歯面にフッ素を塗布し、エナメル質の強化や細菌の活動の抑制をはかり、むし歯の予防に役立てます。